噛み癖のしつけ方 | 犬の噛み癖のしつけ方

噛み癖のしつけ | 犬のしつけ方

 

犬の噛み癖は、本能的なものです。

甘噛みやいろいろな物に噛みつく行為は、人間にとって問題行為でも
犬にとっては問題ではなくごく普通のことです。

しつけ教育で、いいこといけない事をきちっと教えていきましょう。

噛み癖の抑制

 

噛み癖の犬のしつけ

甘噛みをする時に、少し強い時は「イタイ!」と言う。

叱らなくても、かなり大げさに「イタイ!」と言うと効果的。

 

「イタイ!」でワンちゃんが興奮してさらに噛もうとする場合は、無視をして、しばらくほったらかしにする。
噛むと遊んでくれないことを教える。

これを何度も繰り返す。

この無視をすることは、大変効果的です。

ポイントは

  • しからない
  • 噛むと痛いことを伝える
  • わからなければ罰(無視)を与える
  • 学習させる

問題行動−>解らせる(振舞い、罰)−>問題行動やめる−>褒める

 

家具や物をかじる癖があるときは

  • 噛んではいけない物に、噛み癖用のビターアップルとか苦いスプレーをかけておく
  • 犬用おもちゃやガムを与える
  • 天罰を与える

など、

その他にも しかるやり方や大きな音を出して脅かすような天罰方式でも 方法はいろいろとあります。

いろいろと試しながらトレーニングしてください。

 

 

いくら無視をしても、噛みついてきたり、ウーとうなったりしてくる場合は、
犬との関わり方に問題がある場合が多々あります。

基本的な所からしつけていきましょう。

 

飼い主と犬との間で主従関係、
飼い主はリーダーとして信頼関係を築けているかどうかが、
いろいろな問題行動につながります。

藤井聡の犬のしつけ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓

正しい関係を築いていれば、いろいろな問題行動はなくなります。

コツや細かな部分を、プロが教えるDVDなどで確認しながら根気よく完璧にしつけていきましょう