待てのしつけ方 | 犬の待てのしつけ方

待ては犬のしつけの基本です | 犬のしつけ方

 

待ては、しつけ全般にかかわる基本的な行動です。
犬を落ち着かせるのに大切なことです。

待てという命令で、解除するまでじっとして動かない状態を維持出来るか・・

待てのしつけの基本は、アイコンタクトです。

待てがどのくらいの時間できるかで、
その犬のいろいろな行動の集中度合いも確認できます。

いろいろな問題行動をやめさせることが出来ます。

散歩途中に
臭いをかいだり、拾い食いする時、他の犬と出くわし興奮するときなども 止めることが出来ます。

待てが長くできることが、いろいろな行動の指針となります。

待ての号令は「マテ」解除は「ヨシ」など・・で訓練します。

待ての仕方 | 犬のしつけ方

犬の待て

待てのしつけは、食事の時やおもちゃなどを使いトレーニングします。

手のひらを犬の鼻先にかざし、「マテ」と号令しながら、じっとさせます。

食事を与えるときに、「マテ」と号令し、少しだけじっとさせます。
一定時間待たせて、「ヨシ」と命令し食事を与えます。
待てないときは、食事を取り上げます。

待て「マテ」が出来るまで、これを繰り返します。

 

また、いろいろな妨害があるときでも待てが出来るように
おもちゃを転がしたり、おやつなどを置いて、
「マテ」と号令し、
おもちゃや、置いてあるおやつを見ずにアイコンタクトが取れれば褒めてあげる。

待て「マテ」という状態で、飼い主が離れても(見えなくなっても)飼い主を目で追いアイコンタクトを取ろうとするとこまで待ての状態ならば完璧です。

 

散歩の途中でも「マテ」と命令し、しばらくじっと一定時間待たせ「ヨシ」と解除しながらトレーニングします。
このときも、動き出すと、リードをグッと急に引っ張りショックを与え、「マテ」と号令します。

それでも、動き出そうとすると、リードを短く持って体の動きを止めて「マテ」と号令します。

犬の待てのしつけ

繰り返し行い、待つことを覚えさせます。

 

落ち着きのないワンちゃんには、 手袋を使い、おやつを持って、ガチガチと咬まさせてあげます、が、 おやつは食べさせない。 そして、咬むのを止めた瞬間におやつを与えます。

これを繰り返し、おとなしくじっとするといいことがあると覚えさせます。

 

でも・・なかなかうまく・・
犬のしつけ方↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓
プロが教える完璧なコツや秘訣!教材・DVDで確認しながら根気よくしつけていきましょう