アイコンタクトのしつけ方 | 犬のアイコンタクトのしつけ方

アイコンタクトのしつけ | 犬のしつけ方

 

アイコンタクトは、犬のしつけ全てに通ずる重要なことです。

飼い主とワンちゃんが目と目を合わせ、お互いの目を見ている状態のことで、しつけをするのにとても重要なことです。

アイコンタクトでは、飼い主は見下ろし、ワンちゃんは、見上げている状態です。
つまり、飼い主と犬との間で主従関係が確立しています。

ワンちゃんは、飼い主をリーダーとして認め、信頼し、期待をしていることとなります。

しつけをするためには必ずアイコンタクトから始まります。

アイコンタクトの仕方

犬のトイレのしつけ

おやつをあげるときに

目と目の間におやつを持って、ワンちゃんの、名前を呼びます。

目と目が合った状態で、目線をはずさなければおやつを与えます。

というのを繰り返します。

 

始めは、おやつを見て、
なかなか目と目が合わないかもしれませんが、
目と目が合った瞬間に「ヨシ」と号令をかけ「褒め」てあげます。

 

そして、できるようになったら
目と目の間からおやつを少しずつ離して持って
同じように、名前を呼び、目と目が合った瞬間に「ヨシ」と声をかけおやつを与えて「褒め」てあげます。

犬のトイレのしつけ

目と目が合った瞬間に褒めることで、目と目をあわすといいことがあると覚えます。

徐々に目と目があった状態を維持できるようになり、目線をはずさなければ褒めてあげます。

 

これを繰り返していきます。

 

ポイントは

  • 名前を呼んで目と目を合わせる
  • 初めは、目と目が合った瞬間に「褒める」ということ。
    褒めるタイミングを逃さない
アイコンタクトができるようになると、いろいろな訓練がし易く、スムースにできるようになります。

 

でも・・なかなかうまく・・
犬のしつけ方↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓
プロが教える完璧なコツや秘訣!教材・DVDで確認しながら根気よくしつけていきましょう